揚州工の型に雕籽料観音。揚州のニュース好料子いい工、必要好料工。玉の価格高騰に伴いさえひっくり返って 、「揚州工」がどう、安価な原料を取って、越える目下原料供給壁、巷間で話題の焦点になっている。昨日、取 材記者は知って、現在建設中の工芸美術の街が計画して建設し、国内最大の玉天然石 通販の取引市場では、その「揚州工」は家の前で購入できるさまざまな安価な玉。このほか、先導企業を軸に形成優 勢相互補完の産業チェーンに優れ、玉芸売らない製品の売れ技術の新しい措置も涨声中静かに浮か ぶ。

最大玉取引市場て醸造に玉の翡翠価格の上昇、「揚州工」はどこに行って探し原料?記者は喜んで知って、関係部門は工芸美術街の基礎の上で、 計画中玉取引市場、建設後は国内最大の玉の取引市場は、市の玉メーカーが家の前で買えてしまう玉料各種。「 揚州のいい玉工芸はないが、対応の原料産地、そこの需給ギャップは古来よりあり。」中国の工芸美術マスター 江春源、新疆、靑海玉は全国の最大の産地、各企業のためにせざるを得ない千裏の外で仕入れ、フライトで「揚 州工」を他人に束縛される。

市美術工芸業界協会秘書長华萍は、翡翠バングル原材料市場前置後、揚州の加工企業を抜くためだけでなく地方の苦労や費用、そして大は占拠市場の主動。これ に相当する、全国の原材料市場に家の前に、「揚州工」これを脱出できる受動受け入れの役、未来の市場競争の 中で多くの発言権を持って、甚だしきに至っては全国の玉器生産基準。
http://www.umetion.jp